ブログ

「レッスンはもう増やせない!」忙しい講師のための 働く時間を増やさずに売上を上げる方法

ブログ

「毎日忙しいのに、思うような売上が上がらない」

「プライベートの時間が犠牲になってしまっている」

「この忙しさがいつまで続くか不安だ」

 

こんな風に感じている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

『働く時間はそのままで、売り上げは倍に』

 

 

同じような悩みを抱えていた私が、実現したビジネスモデルです。

今回は、あなたのビジネスを充実させる方法をお教えします。

 

 

 

 

 

 

「忙しい」のはうれしい。けど、このままでいいの?

 

まずは、質問です。

 

 

「今、あなたの仕事は順調ですか?」

 

 

「はい!」と答えたあなたは、

セミナー講師でしょうか?

サロンオーナーでしょうか?

お教室の先生でしょうか?

 

 

 

 

それでは次の質問です。

 

 

「今、あなたは日々忙しいですか?」 

 

 

この質問に「はい!」と答えたあなたは、

充実した毎日を過ごしていらっしゃるのですね。

 

 

充実?

それはちょっと違うなと思ったあなた・・・

 

 

 そうですよね。

この「忙しい」という言葉には2つの意味があると思うのです。

 

一つは「忙しくて充実した」という意味。

そして、もう一つは「忙しくて疲弊している」という意味。 

毎日、スケジュールいっぱいに働き、余裕がない方がそうでしょう。

 

 

 

家族とゆっくり過ごせず、睡眠時間も削らないといけない

深夜、一人パソコンの前でブログの更新に追われている

集客に励んで、売上が上がるのはうれしい

 

 

でも本当にこれが思い描いていた、

自由な働き方ではない

 

 

そう感じること、私にも経験がありますので分かります。

 ですが、目標の売上を上げるために、

どんどん犠牲を払うような働き方を続けるのは危険です。

 

 

毎日忙しく、疲れている

いつまでこの仕事を続けるのだろう?

 

 

このような考えが頭の片隅をよぎってしまうものですよね。

 

 

とは言っても、

仕事を減らしたら、その分収入が下がりますから、

やめるにやめられない状況にいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

セミナーやレッスンはこれ以上増やせないなら

 

また「毎日が忙しくて充実しています!」というあなたも、

 

 

今の売上に満足していますか?

 

 

忙しい割に、目標の売上には程遠いなんてことも・・・

今よりも売上を上げるためには、

もっとセミナーやレッスンを増やさなくてはならないのなら、

 

 

このままでは

「忙しくて疲弊している」状態に

この先なるのが見えています。

 

 

 

 

 

 

思い描いていた「教える」仕事はどうでしたか?

 

 

✔ 自分のスキルを活かして、人に喜ばれる仕事がしたい

 好きな場所で、自由に働きたい

 

 

 

あなたも起業したときは、こんな風に夢を語り、理想の働き方を思い描いていませんでしたか?

でも気が付けば、そんな理想とは程遠い働き方をし、

「こんなはずじゃなかった」なんて思っている方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

それでは、どうしたらいいのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

「忙しい」から卒業するための方法とは?

 

 

そのためには今の「対面で教える」1本のやり方から、

2本立てのやり方に変えていくのが近道です。

 

 

「2本立て?もっと忙しくなるのでは?」

いいえ。

これ以上忙しくならずに、2本立てにすることができます。

 

 

 

そのもう1本とは「通信講座」

 

 

 

あなたが対面で教えている内容を「通信講座」にしましょう。

「通信講座」であれば日本全国いいえ、世界中の人々に教えることができるのです。

 

今、すでに教えていらっしゃる内容ですから、

すぐに形にすることができます。

 

そうすれば、今のままの忙しさで売上を2倍にすることもできるのです。

 

 

 

 

最初にお伝えした

『働く時間はそのままで、売り上げは倍に』

そんな理想の働き方をいっしょに実現しましょう!

 

 

 

 

詳しい方法は無料メルマガでお伝えしています。

ぜひ、こちらから登録して下さい。

 

Category

Back number

教えてラクツー

河村京子ってどんな人?【代表プロフィールページへ】
どんな人が「ラクツー」を利用しているの?【成功事例ページへ】
ラクツーって、どんな仕組み?【サービス案内ページへ】