ブログ

売れる通信講座を作る、シンプルな仕組みとは?

ブログ

私がSkypeやZoomでご相談を伺っていると、

「通信講座って私には次元が高すぎます」

このように謙遜される方がいます。

 

 

私も最初は

通信講座を始めることをすすめられたときは、

「通信講座なんて大手の企業がやることでしょ」と

尻込みをしてしまったので、

そのお気持ちは分かります。

 

 

もちろん、

あなたが現状のビジネスに満足されているのであれば、

そのやり方を貫くのもありだと思います。

 

 

ただ、

「あと月2回、セミナーの回数を増やしたい」

「あと3件、契約を増やしたい」といったように、

現状を底上げするような考え方では、

 

 

これ以上、

あなたのステージを上げることはむずかしいでしょう。

 

 

もっと厳しいことを言えば、

現状維持を目標にしていると、

売上は右肩下がりなんてことも。

 

 

 

 

 

今の売上からワンランク上のステージへ

 

 

 

もう、お気づきかもしれませんが、

あなたのステージを上げるためには、

自分の想定の範囲を大きく広げる必要があります。

 

 

 

今までの目標からは、

大きくかけ離れたことを想像してみてください。

 

 

 

例えば、

「今の売上を10倍にするには?」

「月の稼働日数を今の半分にするには?」

こんな目標もいいですね。

 

 

どんなアイデアが出てきたでしょう。

 

 

そうすると、

次は「どうやって売上を上げようか」という段階にきます。

 

ここで、売上を上げるための

あなただけのビジネスの仕組みを作る必要が出てきます。

 

 

 

 

 

 

ビジネスの仕組みは「導線」を意識しましょう

 

 

これまで通信講座を運営してきて感じたのは、

お客様にお申込みをしていただくまでの導線作りが大事だということです。

 

 

実は、

Facebookで私を知った方や、

私の著書を読んでくださった方でも、

通信講座にいきなり申し込んでくださることはめったにありません。

 

 

私がどんな人なのか?

どんな変化をもたらすのか?

私を選ぶメリットはあるのか?

 

 

ここを深く理解してからでないと、

将来のお客様はお申込みボタンを押してくれません。

 

そのための手段として、

 

 

メルマガを読んだり、

お手頃な動画講座を受けたり、

セミナーなどに参加されたり、

 

 

私の提供する価値を見定め、

不安を取り払ってから、

お申し込みを決める方が

ほとんどなのです。

 

 

 

 

 

 

お客様はどんな導線をたどるでしょう?

 

 

ですから、

シンプルな仕組みとしては、

 

 

メルマガの登録

メルマガで価値ある情報の提供

お手頃な動画講座・セミナーへの参加

通信講座への入会

リピート・紹介

 

 

このような

お客様があなたの通信講座に申し込むまでの導線

あなたの中で思い描ければ、

通信講座の開設のハードルも低く感じていただけるでしょう。

 

 

 

 

 

あなたの通信講座は作れます

 

 

ビジネスの仕組み作りで大切なのは、

あなたの通信講座に申し込んでいただくまでの

導線作りだとお話ししてきました。

 

ここで忘れてはいけないのは、

お客様の心の動きです。

 

どんなお客様がどんなシーンで何を求めているのか?

 

ここをしっかりと考えてみてください。

 

 

ラクツーでは、

メルマガ配信やネットでの集客など、

あなたの売上を上げる仕組み作りもサポートします。

 

 

くわしくは、こちらの無料メルマガでご紹介しています。

Category

Back number

教えてラクツー

河村京子ってどんな人?【代表プロフィールページへ】
どんな人が「ラクツー」を利用しているの?【成功事例ページへ】
ラクツーって、どんな仕組み?【サービス案内ページへ】